フジワラ通信

フジワラ通信

岡山大学寄付講座 開設記念シンポジウムを開催しました

掲載日:2022/11/02
カテゴリ:お知らせ
岡山大学寄付講座 開設記念シンポジウムを開催しました
DSC_2200
11月1日(火)に岡山大学寄付講座「微生物インダストリー講座」の開設を記念したシンポジウム「麴を活かしたものづくり 固体培養が生み出す発酵のイノベーション」を開催いたしました。

当日は、会場オンライン合わせて約470名の方が聴講されました。

詳細について、OHK岡山放送および山陽新聞に取り上げられておりますので、ぜひご覧ください。

小型通気式固体培養装置を開発しました

掲載日:2022/11/01
カテゴリ:お知らせ
小型通気式固体培養装置を開発しました
小型通気式固体培養装置_外観2
このたび小型通気式固体培養装置を開発しました。
同装置は、実用規模の固体培養装置と同様の基質通気式品温制御を採用しています。
産業化を想定した通気式固体培養を再現性高く行うことができる製品です。また、攪拌機構を搭載しており、自動で攪拌(手入)を行うことができます。

当社では今後も心豊かな循環型社会への貢献を目指すべく、社会のニーズに対応した製品を開発していきます。

■小型通気式固体培養装置の特徴
1.小規模で高い再現性
研究段階で一般的に行われてきたシャーレやフラスコを用いた固体培養では、原料を堆積させると、微生物の活動により中心部分が過度に熱を帯び、中の菌が死んでしまったり培養が出来なかったりといった事態が生じるため、原料を高堆積させて培養を行うことは困難でした。
このため、研究段階では固体原料を薄層として培養するのが一般的でしたが、産業化を見据えると原料を高堆積させて通気を行う実用規模のテストが必要になります。
小型通気式固体培養装置は、品温制御を連続基質通風方式により、産業化を見据えた培養実験を小規模で再現性良く行うことができます。これまで固体培養を行ったことのない原料や微生物についての培養実験に最適なのです。

2.シンプルな構造と優れた操作性
小型通気式固体培養装置により、産業化につながる再現性の高い培養実験が可能になりました。菌体の増殖に伴う発熱の自動コントロールが可能で、自動制御システムにより、設定値通りに高品質な固体培養物を生産します。
また、原料投入から洗浄までの全ての工程を、一人で対応できるシンプルな構造と優れた操作性は、高い評価を得ています。

3.導入実績
小麦フスマ、ワインパミス、オリーブ葉

■固体培養技術の魅力
固体培養法は、日本の醸造文化において「麹づくり」として幅広く利用されており、酵素の生産性が高く、複数の酵素を同時に生産することが可能な技術です。液体培養法とは異なり、酵素などの生産物を精製したり粉末化したりする必要がなく、固体培養物をそのまま利用することもできます。
固体原料に、麹菌などの微生物を繁殖させることで、有用物質の生産、固体原料の高機能化、高付加価値化を達成することができます。

1.高い生産性によるものづくり
・複数のタンパク質を同時に高生産
(事例)・アミラーゼ、プロテアーゼなどの酵素生産
・有用物質を含む機能性飼料
2.物質変換
・有害物質の無毒化
・機能性の付与
(事例)・化粧品素材製造
・機能性食品製造
3.固体原料の高付加価値化
・固体培養物をそのまま利用可能
(事例)・麹、醸造食品
・未利用バイオマスの新規用途開発

■基本仕様
・容 量 : 10L/回
・堆積層厚: 100mm
・外形寸法:W2000mm×D1300mm×H2100mm
・重量 :約1000kg
・材 質 :sus304(培養物接触部及び要部)
・制御範囲: 15℃~45℃ (送風温度)、Rh80%~Rh96%(送風湿度)、20℃ ~40℃ (品温)
・制御方法:ベクトル品温制御(ワンウェイ方式)
・一次側条件:200V,50A

新しく企業主導型保育園との提携を開始しました

掲載日:2022/10/31
カテゴリ:お知らせ
新しく企業主導型保育園との提携を開始しました
当社では現在企業主導型保育園の「ニチイキッズつしま新野保育園」と企業契約を結んでおりますが、この度新しく(株)はれコーポレーションが運営を行う「あいら保育園」とも企業契約を結ぶこととなりました。

当社では今後も働く子育て世代を支援し、働きやすい職場環境づくりに取り組んでまいります。

岡山大学寄付講座 開設記念シンポジウムを開催します

掲載日:2022/10/11
カテゴリ:講演
岡山大学寄付講座 開設記念シンポジウムを開催します
キャプチャ
岡山大学寄付講座「微生物インダストリー講座」の開設を記念したシンポジウム「麴を活かしたものづくり 固体培養が生み出す発酵のイノベーション」を11月1日(火)に開催いたします。

シンポジウムでは、本講座の開設を広く広報するとともに、固体培養を用いた発酵のイノベーションに関して、企業、大学、行政より講師をお招きし、様々な業界から見た固体培養とその将来についてご講演いただき、近年、健康意識の高まりから注目を浴びている発酵・麹への理解を深めることを目的とします。

詳細は以下の通りです。
・開催日:令和4年11月1日(火)13:00~17:00
・会場:KURUN HALL(岡山市北区下石井2-10-12 OHKオフィス9F)
・開催方法:対面、オンライン(ハイブリッド開催)
・参加申込:https://forms.gle/JEkY7TrzdyJYm5ss6

皆さまのご参加をお待ちしております。

岡山大学における寄付講座に関して記者発表を行いました

掲載日:2022/09/30
カテゴリ:お知らせ
岡山大学における寄付講座に関して記者発表を行いました
l_25221609_49_bd23bdd5c5ac67d1f2c600dc9a0f5527
9月29日の岡山大学定例記者発表にて、当社が岡山大学に寄付講座を開設した旨を発表いたしました。
寄付講座の概要は以下の通りです。

【寄付講座概要】
開 設 先 岡山大学大学院環境生命科学研究科
講座名称 微生物インダストリー講座
設置期間 2022年4月1日~2024年3月31日
内  容 日本の強みである微生物発酵技術を食品・醸造産業分野、食糧生産分野、
     バイオ素材生産分野へさらに応用して深化させる教育・研究
担  当 神崎 浩  教授
     (岡山大学大学院環境生命科学研究科)
     深野 夏暉 助教
     (フジワラテクノアートより出向)

また、寄付講座「微生物インダストリー講座」のホームページを開設いたしました。
ぜひご覧ください。↓