当社のコロナウイルス対応の取り組みが山陽新聞に掲載されました

掲載日時 2020/03/04

当社のコロナウイルス対応の取り組みが山陽新聞に掲載されました

3月4日(水)の山陽新聞朝刊の地方経済面で、
コロナウイルス感染拡大による臨時休校への当社の対応(子どもの預かり支援)について取り上げられました。

当社は、今回の臨時休校を受け、小学生以下の子どもがいる社員を対象に、
「子連れ出勤」や「テレワーク」を可能とするなどの対応をとっています。

(画像提供:山陽新聞社)

フジワラテクノアートの創業は1933年。以来、私たちは醸造機械メーカーとして皆さまに育てられ、国内外で、その醸造生産技術を高く評価いただけるようなりました。中でも醸造で最も重要なプロセスである製麹、こうじ菌を大量培養するこの固体培養技術は、私たちが得意とする分野です。この技術は、食料、飼料、エネルギー、バイオ素材といった新たな産業分野で大きく貢献することが期待されています。私たちは、微生物の持つ無限の可能性が、これからの世界を支えていくと信じ、微生物のチカラを産業化することで「こころ豊かな循環型社会」の実現に貢献していきます。