産学共同による先端技術開発

先端技術開発プロジェクトをご紹介します。

バイオマス分解酵素の大量生産を可能とする固体培養技術の実用化開発

掲載日時 2016/02/25

バイオマス分解酵素の大量生産を可能とする 固体培養技術の実用化開発

研究年度   :平成27年度
事業管理機関   :公益財団法人 岡山県産業振興財団
共同研究機関 :岡山県工業技術センター、東北大学、岡山大学
アドバイザー :国立研究開発法人 産業技術総合研究所機能化学研究部門、岡山県農林水産総合センター 畜産研究所
概 要    :菜種油粕を分解・消化しやすくする機能性飼料=複合酵素を安価に大量生産する技術の開発
セルロース系バイオマスの分散型超高効率エタノール生産システムの開発
光によるカビ毒非生成培養システムの開発と医薬食品産業への適用
血栓症予防機能性食品の評価・生産システムの開発
光照射効果を活用した微生物液体培養システムに関する研究調査
無菌製麴装置を使用した鰹節抽出残渣の有効利用技術の開発
完全無通風自動製麴システムの開発
未利用蛋白資源の醤油麴(酵素)を利用した調味料素材の開発
食品副産物発酵装置における高効率脱臭装置の開発
トレハロースによる品質保持技術の開発
菌根菌の固体培養装置の開発
膜面液体培養法による糸状菌の大量培養技術の開発

株式会社フジワラテクノアート

フジワラテクノアートは、醤油、味噌、清酒、焼酎などの醸造分野で、醸造機械のパイオニア企業として麴づくりの全自動無人化への道を切り開きました。以来、そのオンリーワンの技術力が高く評価され、国内において製麴能力で約80%のシェアを占めるに至っています。
日本の食文化のグローバル化に伴い、世界20数カ国へ製品を輸出。さらに、醸造分野で培ったノウハウを活かし、濾過・粉体殺菌機械を開発。一般食品業界やバイオ業界への取組みを行うなど、卓越したプラントエンジニアリング力で豊かな食の未来を拓きます。