動画で見るフジワラテクノアート

会社紹介『伝統に聞き、未来に問う』

醤油、味噌、清酒、焼酎…
醸造食品の美味しさはたくさんの要素技術で成り立っています。

一つひとつの技術を極めたからこそたどり着ける境地がある。
お客様の思いをカタチに。


企画から稼働まで一貫したバックアップ体制で、
要素技術の集大成となる最新鋭のプラントを手がけています。
より快適で生産性の高い工場環境を実現します。

醸造技術を基に、新領域へ。
夢を醸す技術[ちから]フジワラテクノアート。

Other

CM「矜持篇ロングver.」

世界に2つと無いモノを造るそれが大変でないわけがない美味しいモノに挑む人はみんな純粋で誠実だ社員にスポットを当てた「矜持編」2018年12月5日よりフジワラテクノアートのテレビCMが放送されてい...

詳細→

CM「大吟醸篇ロングver.」

出張先の居酒屋に立ち寄るのを密かな楽しみにしている・・・お店オススメの大吟醸を見て気がついた。居酒屋での1シーンを描いた「大吟醸編」2018年12月5日よりフジワラテクノアートのテレビCMが放送...

詳細→

社員食堂改革2018

仕事の成果を実感し、新たな発想を生み出す場所に。フジワラテクノアートは、本社の社員食堂を改装しました。お客様が生産した味噌や醤油、塩麹といった食品を調味料に採用。お米にはお客様が生産した十六穀米...

詳細→


フジワラテクノアートの創業は1933年。以来、私たちは醸造機械メーカーとして皆さまに育てられ、国内外で、その醸造生産技術を高く評価いただけるようなりました。中でも醸造で最も重要なプロセスである製麹、こうじ菌を大量培養するこの固体培養技術は、私たちが得意とする分野です。この技術は、食料、飼料、エネルギー、バイオ素材といった新たな産業分野で大きく貢献することが期待されています。私たちは、微生物の持つ無限の可能性が、これからの世界を支えていくと信じ、微生物のチカラを産業化することで「こころ豊かな循環型社会」の実現に貢献していきます。