動画で見るフジワラテクノアート

そ〜だったのかンパニー

中国地方の魅力ある企業を徹底取材し、明らかになる新事実に思わず「そ〜だったのか!」と口にしてしまうネタが満載の番組「そ〜だったのかンパニー」に代表取締役社長 藤原 恵子が出演しました。司会の八嶋智人 氏、相沢礼子 氏と弊社社長のスタジオトークもお見逃しなく!

(2015年 9月27日OHK放送)

以下、そ〜だったのかンパニーWebサイト紹介文より
----------------------------------------------------------------
今回のそ〜だったのかンパニーは醤油やみそ、焼酎など、日本伝統の味を機械で支える「フジワラテクノアート」。複雑な醸造の工程を一手に機械化し、今や国内トップシェアを誇る醸造機器製造カンパニーの裏側にあったのは、頑固な職人を納得させた画期的な機械作りと「味を変えない」こだわりだった!使う人に寄り添い、日本の醸造文化を陰で支える醸造機器製造カンパニーの「そ〜だったのか!」な秘密を大公開します!

◆株式会社フジワラテクノアート 紹介ページ
http://www.tss-tv.co.jp/soda/okayama/20150927.html

◆「そ〜だったのかンパニー」
中国地方に本拠を置く様々な技術やアイディアを持つ企業にスポットをあて、その会社の社風や商品の紹介、開発のエピソードを取り上げている番組です。
http://www.tss-tv.co.jp/soda/

Other

ミラサポ

ミラサポ Webサイト「あなたにぴったりの企業を発見!バーチャル企業説明会〜動画で見る きらり企業セレクション」にてフジワラテクノアートが紹介されました。◆株式会社フジワラテクノアート 紹介ペー...

詳細→


株式会社フジワラテクノアート

フジワラテクノアートは、醤油、味噌、清酒、焼酎などの醸造分野で、醸造機械のパイオニア企業として麴づくりの全自動無人化への道を切り開きました。以来、そのオンリーワンの技術力が高く評価され、国内において製麴能力で約80%のシェアを占めるに至っています。
日本の食文化のグローバル化に伴い、世界20数カ国へ製品を輸出。さらに、醸造分野で培ったノウハウを活かし、濾過・粉体殺菌機械を開発。一般食品業界やバイオ業界への取組みを行うなど、卓越したプラントエンジニアリング力で豊かな食の未来を拓きます。