ごあいさつ

フジワラテクノアートは、1933年に創業して以来、岡山市に拠点を構え、醸造機械のトップメーカーとして発展して参りました。これもひとえに、北海道から沖縄まで全国のお客様にご愛顧頂いた賜と感謝しております。また、グローバル企業として、日本が世界に誇る醗酵技術を海外へ広めていくことに大きな責任も感じています。

フジワラテクノアートの企業理念は、その名が示す通り、優れた「技術(テクノ)」と「感性(アート)」あるものづくりを通じて、日本の素晴らしい食文化を守り、食の安全・安心を希求していくことです。私たちは、小さな設備からトータルエンジニアリングによる大型プラント建設まで、お客様の幅広いニーズにお応えできるような「ワンストップ・サービス」の実現を目指して参ります。これからも、食と環境の技術を通して社会に貢献する企業として、努力を続ける所存でございます。

フジワラテクノアートのミッション「醸造を原点とし、技術と感性を高め、世界中の人々がともに喜び合える感動に満ちた社会を実現する」を忘れることなく「お客様の満足」をどこまでも追求できる会社であり続けたいと思います。

岡山から世界に発信する「技術(テクノ)」と「感性(アート)」のフジワラテクノアートをどうぞ宜しくお願い致します。

株式会社フジワラテクノアート

フジワラテクノアートは、醤油、味噌、清酒、焼酎などの醸造分野で、醸造機械のパイオニア企業として麴づくりの全自動無人化への道を切り開きました。以来、そのオンリーワンの技術力が高く評価され、国内において製麴能力で約80%のシェアを占めるに至っています。
日本の食文化のグローバル化に伴い、世界20数カ国へ製品を輸出。さらに、醸造分野で培ったノウハウを活かし、濾過・粉体殺菌機械を開発。一般食品業界やバイオ業界への取組みを行うなど、卓越したプラントエンジニアリング力で豊かな食の未来を拓きます。